アイケアサプリメントで目の健康を維持しよう!

  • コピーしました

現代の社会では、ストレスがつきものです。
むしろストレスを上手に発散してストレスとの付き合い方を工夫しながらやり過ごしていくほかありません。
しかしできるだけストレスをためないように、サプリメントで防止ができるのであればぜひ試してみたいものです。
いらいらしたときに飲みたいのがビタミンB群です。
ビタミンBは神経の働きを活発にすることから、不足することで細かいことを気にしていらいらしたり、逆にすぐに反応できなくなったり、神経過敏や無気力といった症状が出ます。
また、疲れると甘いものが欲しくなるといいますが、これは脳が働くために糖を欲しているためなのですが、この摂取した糖を正確に脳に運ぶ手伝いをしているのもビタミンBなのです。
このため、甘いものと一緒にビタミンB群も補給することで、脳の働きを助けてストレスをためずに働くことができるようになります。
また、デスクワークが多い人にはつらい眼精疲労も、サプリメントの利用である程度緩和することができます。
目に良いサプリメントというとブルーベリーが有名ですが、これはアントシアニンという成分によるもので、ビルベリーというベリーがブルーベリーよりも更にアントシアニンを含んでいてお勧めです。
現代で生きていくうえではどうしてもストレスと無縁でいることはできません。
それならばできるだけ余分な疲れは背負い込まずにこまめに解消することで、ストレスフリーな生活をできるようにしたいものです。

目の病気には遠視と近視、および老眼などがあります

近視の人の場合でも老眼になります。
近視の人がメガネやコンタクトを付けた状態でも近くの物が見えづらければ立派な老眼なのです。
ただメガネを外せば、水晶体を厚くしなくてもピントが近くに合うのが近視なので、自分が老眼であると自覚出来ていない人も多いかもしれません。
近視であり老眼でもある人もとても多いと思います。
遠近両用レンズというものがありますが、これは近視で老眼である人の為にレンズの上の方が近視用、下の方は度数を下げ近くの物を見やすくした物です。
近くの物を見る機会が多く近視になるとすれば、近視の人の場合は毛様体が鍛えられて老眼になりづらそうに思えますが、実際にはなってしまうのです。
近視は眼球が変化することによって、毛様体が鍛えられ過ぎて近視になるという訳ではないのです。
遠視は、近視と逆に焦点が網膜より後にある状態の事を言います。
ですので、遠視の人は遠くの物を見る場合でも水晶体を厚く調節してピントを合わせる必要があります。
正視である人は焦点が網膜上にあるため普通の状態で遠くの物が見えて、これが理想的な目です。
遠視の目の人が近くの物を見る時は、水晶体をさらに厚くする必要があり正視の人に比べ非常に疲れやすい目だと言えます。
老眼とは焦点の位置は関係ありません、水晶体を調節する毛様体筋がおとろえた状態か水晶体自体の弾力性が少なくなってしまった状態です。
加齢によって毛様体の筋肉が衰えてしまい水晶体を厚くする事が出来なくなると、ピントが近くに合わなくなります。

  • コピーしました